読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ajec's BLOG

「ちょっとだけ、誰かに教えたくなる」がコンセプト。

日本vsタイ 選手採点&レポート

f:id:ajec:20160826095123j:plain


2戦目は2-0で勝利!
チャンスがあっただけに、もっと点を取ってほしかった試合でした。
何はともあれ、勝ち点3をゲットです!

さて、今日の選手を採点していきます。







浅野:4
停滞した時間帯に待望の2点目!
前半からのディフェンスでタイ攻撃陣に仕事をさせなかった。
前半30分のチャンスも決めてくれればさらに良かっただろう。


香川:3
前半はFKでチャンスメイク。
その後も危険なラストパスでチャンスを演出し、
シュートも数本放ったが、後半10分の1対1は決めてほしかった。


本田:3
おとりとなる動きで攻撃に変化を与えた。
さらに献身的にボールを追いかけラインを割らせなかった。
しかし前半20分台に決定シーンを逃す。
さらに後半17分にも決定的シーンを逃した。
ワンツーでチャンスを作っていただけに、ゴールが欲しかっだろう。


原口:4
前半から思い切りのよいシュート。
そして点が入らずやきもきする展開で待望の先制点!
その後も積極的なディフェンスでチャンスを演出し、
バイタルな縦パスを供給したが、
後半はややシュートの精度を欠いた。


長谷部:3
自陣で落ち着いたキープを見せるも、
ヒヤッとするパスミスが前半に一つあったのは反省。
だがその後は中盤に落ち着きをもたらしていた。


山口:3
積極的な縦パスで相手を慌てさせるシーンを演出。
持ち前の守備力を生かし、
相手のチャンスの芽を摘み取った。

酒井宏:3
序盤から何度もチャンスメイク。
精度の高いクロスを供給し、
原口のゴールを演出。
その後もサイドかで躍動したが、終盤はやや安定感を欠いた。










酒井高:2
チャンスメイクを何度も行っていた点は評価できる。
ボール奪取でも貢献。
しかしバックパスでヒヤリとさせ、さらに終盤ではクリアが中途半端だった。



吉田:3
前半はサイドチェンジでチャンスを演出。
さらにFKに対して落ち着いた対応を見せ、
素晴らしいインターセプトで相手に攻撃をさせなかった。
終盤はやや危ない守りだったのが悔やまれる。


森重:2
無難に守備をこなしていた点は評価できる。
しかし前半にボール気圧を確かめ、プレーをストップさせ、
イエローをもらったのは不用意。今後の試合に影響が出ないことを願いたい。


西川:4
カウンターに備えた良い守り。
そして後半10分台には決定的な1対1をセーブ!
終始良い守りを見せていた。




宇佐美:
二度のシュートでチームを鼓舞。
ぜひゴールを奪ってほしい。


小林悠
なし


武藤:
なし

次戦も期待しましょう!

ajec.hatenablog.com




アクセスカウンター