読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ajec's BLOG

「ちょっとだけ、誰かに教えたくなる」がコンセプト。

2016年オフ ヤクルトの補強ポイント! ドラフト、FAで狙うべき穴は?

f:id:ajec:20160827151118p:plain
スタメンの中で一人が50%以上(72試合)出ていないポジションを穴とします。
10試合以上スタメンとして出ている選手をリストしていきます。

捕手

105試合 中村
38試合 西田

安定しています。
来年も問題ないでしょう。



一塁

45試合 畠山
28試合 今浪
20試合 荒木
19試合 西田
18試合 鵜久森

メンバーが目まぐるしく変わりました。
やはり一塁には長距離砲が一人固定できるといいですね。

二塁

133試合 山田

2年連続トリプルスリー。
後半調子を落としましたが、不動のレギュラーです。

三塁

100試合 川端
24試合 西浦
13試合 今浪

こちらもレギュラーとして川端が活躍しました。
昨年ほどの勢いはありませんが、及第点です。

遊撃

88試合 大引
38試合 西浦

ややものたりませんが、
何とか回せています。



左翼

122試合 バレンティン
13試合 坂口

昨年はケガで出遅れましたが、
今年はシーズン通して出場することができました。
シーズン本塁打記録をつくったときの活躍を期待したいですね。

中堅

117試合 坂口
13試合 比屋根

FA組の坂口がうまく穴を埋めています。

右翼

99試合 雄平
16試合 鵜久森

こちらもしっかりとレギュラーがいますね。



ということで、「一塁」が補強ポイントになりましたね。
ヤクルトというと、ケガ人が多いイメージなのですが、
シーズンを通してちゃんとレギュラー選手が守り続けていたのは意外です。


アクセスカウンター