読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ajec's BLOG

「ちょっとだけ、誰かに教えたくなる」がコンセプト。

2016年プロ野球 球団別年俸ランキング

f:id:ajec:20160916194746p:plain
シーズンオフなので、いろいろとデータを整理してまとめてみました。
今回は球団別の年俸ランキングを、各球団の今年とともに振り返りながら見ていきます。

12位:中日

平均:2551万円

今年は大幅なコストカットに成功。
身軽になって活躍するかと思いきや。
ビシエドなど春先は良いニュースが多かった気がするのですがね。

来年に期待ですかね。

11位:DeNA

平均:2930万円

今年は大躍進。
お金がすべてではないことを見事に見せつけてくれましたね!
球団としても単体黒字を達成。

来年以降、台風の目になることは間違いありません。





10位:楽天

平均:3099万円

あ、楽天かあ...。
今年はぱっとしないシーズンでしたね。
Bクラスをさまよっただけだったような。

もう少し頑張りましょう。

9位:広島

平均:3612万円

ここで広島!
今年のセリーグの主役でした。
長年ファンが待ち続けたリーグ優勝を見事に達成しましたね。

きっと来年もこの勢いを継続してくれることでしょう。
でもコストは確実にアップするだろうなあ。。。

8位:ロッテ

平均:3743万円

最近定位置が3位になりつつありますね。
気づけば3位。CSは毎年のように出場している気がします。
一番CSという制度に助けられてますよね。

今年は優秀な投手陣を武器に戦いました!
しかしリーグ優勝からはしばらくの間見放されています。

そろそろパリーグ二強の壁を崩してほしいところですね。

7位:西武

平均:4000万円

最近Aクラスで見かけませんね。
最下位でないのがせめてもの救いでしょうか。

しかしもう少し頑張りましょうよ。





6位:日本ハム

平均:4156万円

ここで日本ハム
最後までソフトバンクとのデッドヒートは熱かったですね。
そして日本一!!見事にやってのけました。
おめでとうございます!!

来年はコストアップ間違いなしですが、この調子ですね。

5位:ヤクルト

平均:4246万円

去年の勢いはどこへやら、今年はBクラスです。
来年、また頑張りましょう。

4位:阪神

平均:4279万円

僅差で4位です。
でも本業でもセリーグ4位という体たらく。

このままではだめですね。
来年は金本体制2年目。
ここで違いを見せつけてほしいところです。





3位:オリックス

平均:4795万円

金銭面ではこの強さ!
しかしパリーグ6位に沈んだオリックス

せっかくポンタで盛り上がってきたところなので。
実力でもプロ野球を盛り上げてほしいところです。

2位:巨人

平均:4922万円

ここに巨人軍、然るべきといった感じですね。
2年連続2位ですが、Aクラスを毎年確実にしています。

来年こそは、とるぞ優勝、日本一。

1位:ソフトバンク

平均:6012万円

圧倒的な1位を誇るソフトバンク
強い、強すぎる...。

若干不良債権を抱えているのが影響しているような気がしますが、
それでもこの金銭力は大したもの。

首位奪回に向けて、来年も1位を虎視眈々と狙っていきます。


セリーグ
1:巨人 4922万円
2:阪神 4279万円
3:ヤクルト 4246万円
4:広島 3612万円
5:DeNA 2930万円
6:中日 2551万円

パリーグ
1:ソフトバンク 6012万円
2:オリックス 4795万円
3:日本ハム 4156万円
4:西武 4000万円
5:ロッテ 3743万円
6:楽天 3099万円





こうしてみると、去年の順位が色濃く出ているような気がしますね。
オリックスを除いて。

細かい情報はこちら
f:id:ajec:20161105155941p:plain

アクセスカウンター