読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ajec's BLOG

「ちょっとだけ、誰かに教えたくなる」がコンセプト。

タガログ語の歌。元の曲は日本語の失恋ソングだった!

音楽

IKAW PA RIN - Ted Ito (w/ lyrics & English translation) - YouTube

このikaw pa rinという曲。
実は、ある日本の歌なのです。

徳永英明 -最後の言い訳- - YouTube

それがこちら。
徳永英明さんの最後の言い訳です。


初めてこの曲を耳にした時、
なんて良いメロディなのだろう…。と
感動したのをよく覚えています。

確か、東南アジアの曲巡りをしている時でした。


さらにこの曲が日本の歌だと知った時の衝撃。
そして、歌詞を聴いて、涙が溢れそうになりました。



一番近くにいても 一番分かり合えない
こんなに愛した僕の 全てが言い訳になる

とても仲の良い愛する人が居て、
その人の事をよく理解していた筈だったのに、
気持ちが通うことはなかった。

そんな辛い思いがひしひしと伝わってきます。

一番大事なものが 一番遠くへ行くよ
こんなに想えた君の 全てが思い出に

本当に大切にしていたその人が、
もう手の届かないところに行ってしまう。

楽しかった、嬉しかった、
時に悲しささえも共有してきた。

そんな一瞬一瞬は、全て記憶の中へ…。


失恋というのは辛いものです。
でもそれを乗り越えることで、

さらに良い未来が待っているに違いありません。
1歩を踏み出すきっかけに、ぜひ聴いてみてください!


アクセスカウンター