読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ajec's BLOG

「ちょっとだけ、誰かに教えたくなる」がコンセプト。

侍ジャパン 強化試合の成績から見た現時点のWBCベストオーダー。2016/11/14

WBC2017 野球

f:id:ajec:20160916194746p:plain
こんにちは。
前回見た感想そのままでオーダーを組んでみましたが、今回はデータを分析し、
新たに理想オーダーを組んでみたいと思います。

前回
ajec.hatenablog.com

まず、出場成績を見ていきたいと思います。
f:id:ajec:20161114195800p:plain

やはりこうしてみても、大谷の異次元ぶりがうかがえますね。
これで投手も一流とは一体...。





まず打線の組み方について。
理想の形ですが、

1番:出塁率の高い選手
2番:小技が効き、走力がある(併殺防ぐ)
3番:OPSがやや高い(得点能力がある)
4番:OPSが非常に高い(得点能力がある)
5番:OPSが高い(得点能力がある)
6-8番:6番から順にOPSが高い
9番:出塁率の高い選手

というのが良いのではないかと思います。

それではこの組み方に沿って選手を選んでいきます。
まず出塁率順でみると、
このようになっています。
f:id:ajec:20161114202235p:plain

打席の少ない嶋を飛ばして考えると、
①大谷
②筒香
③中村
④坂本
⑤菊池
です。

...これはOPSの高い選手を先にクリーンナップに入れたほうがよさそうです。





OPS順でみると、
このようになっています。
f:id:ajec:20161114202710p:plain

①大谷
②中村
③筒香
④坂本
⑤鈴木
となりました。

よさそうですね。
ただシーズン中の中村はそこまで長打力は高くないので、
下位打線の要として置いたほうが良いかもしれませんね。

ajec.hatenablog.com


ということで、

3番坂本
4番大谷
5番筒香
6番中村

にしてみましょう。





次に1,2,9番です。
出塁率順の中で、
f:id:ajec:20161114202235p:plain

先ほど使った選手以外を考えてみると、

⑤菊池
⑥中島
⑦大野
⑧秋山

このあたりですかね。
ただし、秋山は5打数0安打だった最終戦以外はかなり出塁率も高かったので、
まだ起用してみる価値はあるかと思います。

ということで、
1番秋山
2番菊池

9番大野

が良いのではないでしょうか。
中島も使いたいのですが、坂本とポジションが被っています...。

最後に7,8番です。
ポジションは三塁、右翼が残っています。

ここまでの成績を考えると、三塁に松田、右翼に鈴木でしょうかね。
本当は別の選手を三塁に置きたいのですが...。
人材難すぎる!レアードが欲しい...!


それではベストオーダーがこちら。




1(中)秋山 .294 0 4 OPS.793 出.381
2(二)菊池 .308 0 2 OPS.829 出.444
3(遊)坂本 .375 0 4 OPS1.000 出.500
4(指)大谷 .455 1 1 OPS1.571 出.571
5(左)筒香 .308 0 4 OPS1.088 出.538
6(一)中村 .429 1 2 OPS1.500 出.500
7(右)鈴木 .313 1 6 OPS.978 出.353
8(三)松田 .077 1 1 OPS.508 出.200
9(捕)大野 .429 0 2 OPS.857 出.429


なんだかグッと見栄えが良くなりましたね!
このクリーンナップは熱い...!

松田がもし調子を取り戻してくれば、
8番からでも一発が出る恐怖の打線です。

そして控えには、
これまた一発のある中田、山田が控えています。
しぶとい一打が欲しいときには内川も使えます。

このオーダー、かなり良いのでは?笑


アクセスカウンター