ajec's BLOG

「ちょっとだけ、誰かに教えたくなる」がコンセプト。

Studio one3 professionalでVSTプラグインが使えない時に確認するべきこと。

Studio Oneを使っているときにVSTプラグインでハマったのでメモ。
VSTプラグインが認識されない時は以下を確認してみましょう。

①Studio Oneのbit数

フリープラグインのほとんどは64bitのDAWに対応していません。
その為認識されないのです。
32bit版を使いましょう。ちなみに32bit版と64bit版の違いは、仕えるメモリの容量が4GBまでか、それ以上かの違いです。

VSTプラグインのbit数

DAWが64bitの時は64bit、DAWが32bitの時は32bitのVSTプラグインを利用するようにしましょう。
しかし殆どのフリープラグインは前述のとおり64bitに対応していません。
bitの記述がないものは32bitと考えたほうがよさそうです。




③格納フォルダがStudio Oneに登録されているか

たまにありますが、VSTプラグインは所定の位置に入れておきましょう。
Windowsの場合、Studio One>オプション>ロケーション>VSTプラグイン
を確認してみるとよいでしょう。ファイルの階層が深すぎると認識されないかもしれないので、
デフォルトのC:\programfiles(x86)\VSTpluginsに入れてるとよいかもしれません。

④dllファイルをフォルダから取り出して、VSTPluginsフォルダに直接入れてみる

これも階層の問題なのかもしれませんが、出してみるとすんなり認識されることもあります。

以上の確認をしてみてください。



アクセスカウンター